外来のご案内 循環器内科

  1. トップ>
  2. 外来のご案内>
  3. 循環器内科

循環器内科の治療対象疾患

循環器内科では「狭心症や心筋梗塞」などの「虚血性心疾患」に加えて、「不整脈や弁膜症、心筋症、先天性心疾患、血管疾患」などが診察・治療の主な対象となっております。

虚血性心疾患や「閉塞性動脈硬化症」の多くは冠動脈や下肢の動脈硬化が原因であり、この危険因子である「高血圧・糖尿病・脂質異常症」などのいわゆる生活習慣病も、循環器内科で治療を担当させていただきます。また、さまざまな心臓の病気により心機能が低下して生じる「心不全」も、循環器内科での重要な治療対象疾患です。

当クリニックでは、これらの循環器病一般について担当させていただきます。

心疾患・血管疾患の主要な症状と当科での対応

循環器疾患では「胸の圧迫感や痛み」、「動悸やフーとする感じ」、「安静時や歩行時の息苦しさ」、「顔面や下肢のむくみ」などが主要な症状です。これらの「これはおかしい」と思われる症状がありましたら、遠慮なく当クリニックへご相談ください。当クリックでは、心エコー検査・MDCT・ホルター24時間心電図などの検査と循環器専門医による治療が可能です。さらに、入院治療や精密な検査が必要なご病状の場合には、国立循環器病研究センターや大阪大学など循環器の高度専門病院をご紹介し、適切な時期に最適な医療を受けることが可能なように対応しています。専門病院での治療が終了した後には、通院に便利な当クリニックで引き続きの治療も可能です。

当クリニックの特徴

当クリニックの循環器内科では、高血圧や心房細動に対する抗凝固療法などの一般的な循環器外来の診療に加え、特に以下の様な特徴があります。

●息切れ外来

「息切れ」は心不全を疑わせる重要な症状の一つですが、同時にCOPDや肺線維症など呼吸器疾患の症状でもあります。したがって、「息切れ」の診療では、まず循環器疾患と呼吸器疾患の両面から評価することが大切です。

当クリニックでは、心機能障害と呼吸機能障害に対する身障指定医の資格を持つ専門医による診察が可能ですのでご相談下さい。

●弁膜症外来

循環器内科では、患者さんの数が多い「高血圧」や「虚血性心疾患」、「不整脈」、「心不全」が診療の中心で、「弁膜症」は心臓外科の病気と思われる傾向がありました。しかし、最近ではご高齢の大動脈弁狭窄症や、僧帽弁閉鎖不全症と診断される方の数が増加しております。さらに、近年は外科手術ではなく内科的なカテーテルを用いた治療法が発達し、これまで高齢のために手術は困難と言われてきた方も、治療が可能な場合があります。原因不明の心雑音や弁膜症と診断された方は、弁膜症や先天性心疾患のカテーテル検査について、20年以上の経験を持つ専門医によるセカンドオピニオンや診療を提供することが可能です。

●肺高血圧-静脈血栓塞栓症外来

循環器疾患の中ではまれですが、最近は、いわゆるエコノミークラス症候群と言われる肺血栓塞栓症や静脈血栓塞栓症を経験された患者さんが増加しています。また、難病の肺高血圧症も増加傾向にあり、適切な治療を受けておられない場合が多いように思います。

当クリニックでは、これらの病気についても難病専門医による診療が可能です。

●成人先天性心疾患外来

生まれつきの心臓病(先天性心疾患)は小児の病気と思われています。しかし、現在はすでに小児期に手術が終わった患者さんや、比較的軽症のために未手術で経過観察されている成人の患者さんの数が、小児の患者さんの数より多くなっています。極めて高度の先天性心疾患の患者さんは、小児循環器科を持つ高度専門施設での診療が必要ですが、比較的軽症の方は当クリニックで通常の診療や手術時期の判断も可能ですのでご相談下さい。

担当医表

 
AM 中西 中西 中西
PM 中西 (肺循環専門外来)
中西
中西 中西

ドクター紹介

中西 宣文(ナカニシ ノリフミ)

出身大学
大阪医科大学 1978年卒
職歴
1980年
国立循環器病センター 心臓血管内科レジデント
1983年
自治医科大学 循環器内科学 助手
1994年
国立循環器病センター 心臓血管内科部門 医長(肺循環・成人先天性心疾患)
2010年
国立循環器病研究センター 心臓血管内科部門 肺循環科 特任部長
2012年
国立循環器病研究センター 研究所 肺高血圧先端医療研究部 部長
2018年
大阪なんばクリニック 循環器内科部長
学位
医学博士(大阪大学)
専門医
  • 日本内科学会 認定内科医
  • 日本循環器学会 循環器専門医
  • 日本内科学会 指導医
資格
  • 身体障害者福祉法に基づく指定医(心機能障害)
  • 身体障害者福祉法に基づく指定医(呼吸機能障害)
  • 難病指定医

ページの先頭に戻る