メニュー

TEL

外来のご案内 消化器内科(内視鏡検査)

  1. トップ
  2. 外来のご案内
  3. 消化器内科

当院の消化器内科について

腹痛、胸やけ、下痢、便秘、血便などの症状の方が診療の対象となります。
がんの罹患数の上位を占める大腸がん、胃がんは粘膜層にとどまる早期の段階であれば内視鏡で根治が望めますが、早期の段階でははっきりとした自覚症状が乏しいのが現実です。

当科では1日で食道、胃、大腸の検査が可能です。定期的な検査で早期に発見をすることが重要と考えます。
日帰り大腸ポリープ切除も行っており、診断と治療が同時に行えます。
また、生物学的製剤が必要な炎症性腸疾患の診療や逆流性食道炎、過敏性腸症候群など一般的な消化器疾患の診療も行っております。

対象疾患・診療

当院の消化器内科では、以下の診療内容を行っています。

担当医表

 
受付時間
8:30~11:30
診療時間
9:00~12:00
× × × 梅原
(~10:30)
× 梅原
(~9:20)
受付時間
13:30~17:30
診療時間
14:00~18:00
× 梅原
(16:30~)
梅原 梅原
(16:30~)
梅原
(16:30~)
×

内視鏡専門外来(初診)は、二次健診の方、内視鏡検査希望の方、内視鏡検査を受けようかお悩みの方がスムーズに受診いただけます。 

内視鏡検査

科目 時間
内視鏡検査 AM9時~12時
胃内視鏡
相馬
担当医
梅原
相馬
梅原
相馬
梅原
相馬
梅原
相馬
梅原
PM14時~17時
大腸内視鏡
相馬 梅原 相馬 梅原
相馬
梅原
相馬

★土曜日のAMでの大腸カメラは、ご相談いただければ可能な範囲で対応いたします。

ドクター紹介

梅原 泰(ウメハラ ヤスシ)

大学卒業後は近畿大学病院消化器内科、大阪赤十字病院内科で一般内科を学びました。その後は大腸内視鏡のスペシャリストを目指し、昭和大学横浜市北部病院消化器センターで大腸内視鏡の研鑽を積みました。近畿大学病院へ戻ってから炎症性腸疾患を専門に診療を行い、辻賢太郎クリニックではたくさんの内視鏡検査に従事させていただきました。
これまでの経験を活かし、お一人おひとりにあった検査、治療をご提案いたします。

出身大学
近畿大学医学部 1999年卒
職歴
1999年
近畿大学医学部消化器内科
2000年
大阪赤十字病院内科
2002年
昭和大学横浜市北部病院消化器センター
2002年
近畿大学医学部消化器内科
2010年
辻賢太郎クリニック
2018年
大阪なんばクリニック 消化器内科
学位
医学博士(近畿大学)
専門医・資格・所属学会
  • 日本内科学会 認定内科医
  • 日本消化器内視鏡学会 専門医
  • 日本消化器学会 専門医
  • 日本大腸肛門病学会
  • 日本炎症性腸疾患学会
  • 難病指定医

ページの先頭に戻る