外来のご案内 消化器内科

  1. トップ>
  2. 外来のご案内>
  3. 消化器内科

消化器内科の診療

① 最新の内視鏡を用いた早期がんの発見

最新のオリンパス社製内視鏡システムを使用し、NBI拡大内視鏡を用いて診断を行っています。通常の白色光では見逃す可能性のある小さながんを発見できるようになりました。

② 苦痛を抑えた内視鏡

内視鏡検査を受けるのがつらいという方々には、胃カメラ、大腸カメラの際に鎮静剤を投与して検査を行っています。鎮静剤により、浅く眠った状態で検査を受けることができます。

鎮静剤への不安がある方は、鼻からカメラを挿入することで胃カメラを受けるときの喉の不快感を軽減することもできます。

③ 胃カメラ、大腸カメラを同日実施も可能

仕事が忙しく、胃カメラ、大腸カメラを別日に受けるのが難しい方は同じ日に検査を受けていただくことができます。1日で食道がん、胃がん、大腸がん検診を受けられるので、忙しい方にとって時間を有効に使っていただけます。

④ 日帰り大腸ポリープ切除を実施

大きさや形状、部位にもよりますが、大腸カメラでポリープを認めた場合はその場でポリープ切除を行っており、検査と治療を同時に行うことができます。

入院が必要な病変を認めた場合は、入院治療が行える病院へご紹介のうえ、後日の切除となります。

⑤ ピロリ菌の診断・治療

胃粘膜へのピロリ菌感染は胃がんの発生に関与しています。ピロリ菌陽性が判明された方には胃カメラを行い、現段階で胃がんが存在しないことを確認したうえで除菌治療を行っています。

⑥ 炎症性腸疾患の診断・治療

厚生労働省の指定難病である潰瘍性大腸炎、クローン病の治療を行っています。若年層、現役世代に多い疾患ですので、南海電鉄なんば駅直通という立地条件を生かしたサポートいたします。

⑦ 低侵襲な腹部エコー検査

腹部エコーは体に対する侵襲がありませんので痛みはほとんどなく、また、レントゲン被ばくもありません。「なんとなくお腹の調子が悪いので検査を受けてみたいけど、しんどい検査は受けたくない」という方は、まず、腹部エコーをお勧めしています。

⑧ 消化器症状のご相談

腹痛、胃痛、下痢、便秘、血便、黒色便、腹部膨満、胸焼け、食事をした時に詰まる感じがする、吐き気、嘔吐、体重減少、食欲不振など、消化器症状は多岐に渡ります。

当クリニックでは、採血、腹部エコー、内視鏡などの精査を速やかに行える体制ではありますが、症状があるすべての方に検査が必要であるとは限りません。患者さんの症状や基礎疾患を考え、順序立てた最低限の検査、治療をご提案します。

担当医表

 
AM
PM
梅原 梅原

内視鏡検査

科目 時間
内視鏡検査 AM9時~12時
胃カメラ
PM14時~17時
大腸カメラ

★火曜日~金曜日はAMでの大腸カメラ、PMでの胃カメラは、ご相談頂ければ可能な範囲で対応いたします。
★胃カメラ、大腸カメラ同日施行は、火曜日・木曜日のAM・PM、水曜日・金曜日のAMで対応いたします。

出身大学
近畿大学医学部 1999年卒
職歴
1999年
近畿大学医学部消化器内科
2000年
大阪赤十字病院内科
2002年
昭和大学横浜市北部病院消化器センター
2002年
近畿大学医学部消化器内科
2010年
辻賢太郎クリニック
2018年
大阪なんばクリニック 消化器内科医長
専門医
  • 日本内科学会 認定内科医
  • 日本消化器内視鏡学会 専門医・指導医
  • 日本消化器学会 専門医

ページの先頭に戻る