メニュー

TEL

外来のご案内 内科

  1. トップ
  2. 外来のご案内
  3. 内科

当院の内科について

当院では脳神経外科・循環器内科・消化器内科・整形外科・ペインクリニック科など多彩な専門外来を標榜しています。内科におきましては総合内科としての役割を担っており、これら院内専門外来での対応が可能な症例につきましてはそちらへ紹介させていただきます。より専門性の高い疾患、もしくは高次医療機関での診療が必要と判断される症例であった場合は、当院が連携している医療機関もしくは患者さんのお近くの医療機関に紹介させていただく事も可能です。当科では当院で標榜されている他科とオーバーラップする疾患も扱っていますので、心配事がございましたら何なりとご相談ください。

対象疾患・診療

かぜ、扁桃腺炎、気管支喘息、肺炎、アレルギー性鼻炎、慢性副鼻腔炎(ちくのう)などの呼吸器疾患から、便秘・下痢(感染性腸炎・炎症性腸疾患など)、食道・胃・十二指腸の疾患、痔などの消化器疾患、貧血などの血液疾患、生活習慣病(脂質代謝異常症・糖尿病・高血圧症、高尿酸血症(痛風発作)、)、膀胱炎・腎盂腎炎・尿路結石などの泌尿器科疾患、湿疹・白癬症(水虫)・ヘルペス・帯状疱疹などの皮膚疾患、熱中症など

※その他、外傷など縫合処置の必要な外科疾患、熱傷なども対応可能です。

呼吸器疾患
感冒・扁桃炎・喘息・アレルギー性鼻炎・副鼻腔炎・インフルエンザ・肺炎・肺気腫など
代謝疾患
脂質代謝異常・糖尿病・高尿酸血症・痛風発作
感染症
感染性腸炎・肝炎など
循環器
高血圧症
消化器疾患
胃炎・胃潰瘍・逆流性食道炎・ヘリコバクターピロリ菌感染症・胆のう炎・胆のうポリープ・胆石症・膵炎・急性虫垂炎・過敏性腸炎・便秘など
泌尿器系疾患
尿路結石、膀胱炎、腎盂腎炎など
皮膚科疾患
熱傷・ケロイド・蜂窩織炎・胼胝・鶏眼
その他
外傷・熱傷・熱中症・貧血・各種整形疾患・禁煙外来

生活習慣病について

脂質代謝異常症

以前は高脂血症・高コレステロール血症などといっていましたが、現在はそれらの病名は使われなくなり、脂質代謝異常症に統一されました。これは血液中の脂肪分(HDLコレステロール、LDLコレステロール、中性脂肪)の異常高値があるものを言いますが、血液中の脂肪分が多くてもそれだけでは症状として現れません。この状態が長期にわたり続くことで知らず知らずの間に全身の血管壁に炎症を引き起こし、動脈硬化を促進していきます。こうなると最終的に血液の流れを阻害し、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こすきっかけとなり、時に命を失いかねません。できるだけ早期に対応する事が必要です。

糖尿病

人間が活動する上でエネルギーとしての糖分は必須です。しかし、過剰な状態が続くと血管に傷がついてしまいます。そのため、血液中の糖分の量を調整するためにインスリンという物質が体内に分泌されています。この調整が何らかの原因でできなくなった状態が糖尿病と言われる状態です。

これにより目の網膜の血管が傷つくと目が見えなくなってしまいます(糖尿病性網膜症)。腎臓の血管が傷つくと腎臓の機能が低下してしまいます(糖尿病性腎症)。また、手足の細い血管に障害が出て血流が悪くなると痺れが出たり(糖尿病性神経障害)、怪我をすると感染しやすくなったり、組織が栄養不良になって死んでしまうことがあります(糖尿病性壊疽)。

これらを避けるためには血糖値を適切にコントロールする必要があります。健診等で血糖値の異常を指摘されたことがある方はぜひご相談ください。

高血圧症

血圧は心臓の送り出す勢いとその血液量、そして血管の硬さによって生み出されます。血圧が高い状態が長く続くと血管壁にダメージが蓄積されていきます。血管が細くての多い所ほどその影響を受けやすく、脂質代謝異常や糖尿病があるとお互いに影響し合い、さらにダメージが大きくなります。最終的には脳梗塞、腎不全、眼底出血、心不全などを引き起こす事につながります。そうならない様に、健診などで高血圧と言われたら、早期に適切な血圧にコントロールをするための原因を精査するとともに、生活習慣を改善する必要があります。体内の水分量は塩分の摂取量に準じますので、血圧のコントロールに塩分摂取量のコントロールは必須です。

熱中症

熱中症とは「高温環境下で発生する健康障害」と定義されます。この中には「熱失神」「熱痙攣」「熱疲労」「熱射病」があります。詳しくは下記にあるような状態ですが、共通しているのは「体温調整をするために必要な水分が体内に無い」ということです。体内の水分量は若年者、成人、高齢者では、75%、60%、50%と異なります。また高齢者では熱に対する感覚が鈍り、体温調節機能も低下していますのでより注意が必要です。水分を十分に摂取することが重要ですが、「発汗で失った水分を適切に補充する」のではなく、「発汗で失われるであろう水分を事前に摂取しておくことが必要」ですし、「暑熱環境に滞在しなくて済む様に適切に環境を整備する」ことが重要です。電解質を含む水分をこまめに摂取すると共にエアコン・扇風機等を利用する様にしてください。

担当医表

 
受付時間
8:30~11:30
診療時間
9:00~12:00
相馬
(~9:30)
相馬
(~10:00)
× × 相馬
(~10:00)
×
受付時間
13:30~17:30
診療時間
14:00~18:00
相馬
(~17:00)
相馬
(~17:00)
相馬
(17:00のみ)
相馬
(16:30~17:00)
相馬
(16:30~17:00)
×

 

健診

科目 時間
1診 AM 岡村
尾關 尾關 尾關 尾關 三和
PM 岡村 尾關 尾關 尾關 尾關

ドクター紹介

相馬 逸郎(ソウマ イツロウ)

相馬 逸郎

出身大学
近畿大学医学部
専門医
  • 日本外科学会専門医
資格
  • 日本臨床内科医認定医
  • 日本禁煙学会禁煙専門指導医
  • 日本医師会認定産業医
  • 日本医師会認定スポーツ医
  • 認知症サポート医
  • 結核・抗酸菌症認定医
  • Infection Control doctor
  • 医療安全管理者養成研修会修了

ページの先頭に戻る