メニュー

TEL

外来のご案内 陽子線外来

  1. トップ
  2. 外来のご案内
  3. 陽子線外来

陽子線治療とは

陽子線(粒子線)治療は、従来の放射線治療では困難な疾患にも、優れた効果を発揮します。陽子線治療の有効性が確認されている代表的な疾患は、前立腺がん・肝がん・肺がん・頭蓋内病変・頭頚部腫瘍(副鼻腔がんなど)および眼腫瘍(ぶどう膜メラノーマなど)です。これら疾患に対して、陽子線治療は優れた治療実績を示すことが明らかになりつつあります。将来には陽子線治療の適応範囲が拡大されていくことが期待されています。

陽子線治療の特徴

  • 正常組織への損傷が少なくなります。
  • 放射線の影響を受けやすい器官の近くにあるがん細胞にも照射できます。
  • 高齢者にも優しい治療法です。
  • 手術等に比べ、治療後の社会復帰に支障が少ない治療法です。

陽子線治療をお考えの方へ

① まず主治医にご相談ください

受診には現在かかっている主治医からのご紹介が必要です。
まずは陽子線治療を検討されていることを主治医にご相談ください。

② 大阪なんばクリニックまでお電話ください

大阪なんばクリニック陽子線担当まで
TEL:06-6648-8930(代表)

③ 症状をおききします

  • 患者さん氏名
  • 生年月日
  • ご住所
  • お電話番号
  • 日中ご連絡先
  • 医療機関名・診療科
  • 病名
  • 診療情報提供書の有無

④ 診療予約をおとりします

⑤ 受診日にご持参ください

  • 診療情報提供書(紹介状)
  • 検査結果
  • 画像検査
  • 薬剤情報提供書(お薬手帳)
  • 保険証

※持ってこられた書類などの確認をさせていただきますので、ご予約時間の30分前にはご来院ください。

⚠ ご注意ください

  • 当クリニックは完全予約制になります。
  • 診察はセカンドオピニオンになります。費用は30,000円(税別)となります。
  • 診察は月1回となっています。診察日についてはお問い合わせください。

南東北がん陽子線治療センター

ドクター紹介

村上 昌雄(ムラカミ マサオ)

プロフィール
1982年
神戸大学医学部卒業 神戸大学医学部研修医
1983年
川崎医科大学附属病院研修医
1988年
神戸大学医学部助手
1988年
天理よろづ相談所病院放射線科
1999年
兵庫県健康福祉部県立病院局経営課課長補佐(県立粒子線治療センター整備室)
2001年
兵庫県立粒子線医療センター放射線科長
2005年
兵庫県立粒子線医療センター医療部長
2009年
兵庫県立粒子線医療センター副院長
2010年
兵庫県立粒子線医療センター院長
神戸大学客員教授(粒子線医学部門)
大阪大学招聘教授(保健学専攻)
独立行政法人医薬基盤研究所客員研究員
2012年
獨協医科大学医学部教授・獨協医科大学病院放射線治療センター長
2017年
南東北がん陽子線治療センターセンター長

ページの先頭に戻る