大阪市の各線なんば駅降りてスグの人間ドック・各種健診、各診療内科専門の医療法人社団新生会 大阪なんばクリニックの 内視鏡センター(消化器内科)ページ。

採用情報

  • 外来/ 06-6648-8930
  • 健診/ 06-6648-8571
pagetop

内視鏡センター(消化器内科)

内視鏡センター(消化器内科)

内視鏡センター(消化器内科)について

腹痛、胸やけ、下痢、便秘、血便などの症状の方が診療の対象となります。
がんの罹患数の上位を占める大腸がん、胃がんは粘膜層にとどまる早期の段階であれば内視鏡で根治が望めますが、早期の段階でははっきりとした自覚症状が乏しいのが現実です。

当科では1日で食道、胃、大腸の検査が可能です。定期的な検査で早期に発見をすることが重要と考えます。
日帰り大腸ポリープ切除も行っており、診断と治療が同時に行えます。
また、生物学的製剤が必要な炎症性腸疾患の診療や逆流性食道炎、過敏性腸症候群など一般的な消化器疾患の診療も行っております。

日本「初・人工知能AI」(NEC社製)
内視鏡センターでは大腸内視鏡に「AI」を導入し病変の高精度な検出に努めております。

初めての検査で不安が強い方や前回の検査がしんどかったなどの理由で検査を受けることを躊躇されている方は一度当センターへご相談下さい。
「かかりつけ内視鏡医」としてお役に立てれば思います。

「胃と大腸」内視鏡センター

人工知能AIによる病変検出のサポート(大腸内視鏡)
人工知能AIによる病変検出のサポート(大腸内視鏡)
  • 大腸内視鏡
    検査時間:15分
  • 胃内視鏡
    検査時間:5分
  • 日帰り大腸ポリープ切除
    約30分
  • 胃内視鏡、大腸内視鏡
    同日施行
  • 鎮静剤使用
●人工知能(警告音は消しております。)

●日帰り大腸ポリープ切除
●内視鏡の種類
    • 胃内視鏡極細径内視鏡
    • 胃内視鏡拡大内視鏡
      大腸

    ・拡大内視鏡 / 高解像度内視鏡です。約80倍に拡大観察できます。
    ・極細径内視鏡(直径5.4mm) / 高精細な画像を保ちつつ、のどの不快感を軽減できます。

大腸内視鏡、胃内視鏡の対象となる症状、疾患の対象となる症状、疾患

▼大腸内視鏡の対象となる症状
■症状
  • ・腹痛、腹部膨満感
  • ・下痢、便秘、便通異常
  • ・血便、便潜血陽性
  • ・体重減少、食欲不振など
■疾患
  • ・大腸がん、大腸ポリープ
  • ・潰瘍性大腸炎、クローン病
  • ・過敏性腸症候群
  • ・薬剤性腸炎、虚血性腸炎など
▼胃内視鏡の対象となる症状
■症状
  • ・胃痛、上腹部膨満感
  • ・胸焼け、のどがつかえる
  • ・吐き気
  • ・吐血、黒い便
  • ・体重減少、食欲不振など
■疾患
  • ・胃がん、食道がん、胃ポリープ
  • ・胃潰瘍、十二指腸潰瘍
  • ・逆流性食道炎
  • ・機能性ディスペプシア
  • ・ピロリ菌陽性、除菌後
  • ・胃バリウムで異常指摘など

大腸内視鏡

▼大腸内視鏡について
●鎮静剤 鎮静剤により浅く眠った状態で検査を受けることができます。(効果には個人差があります。)
●挿入法 できるだけ腸を進展させず最短距離で盲腸まで到達させる軸保持短縮法により検査を行っております。
腸の長さや癒着の程度などにもよりますが、観察のみであれば約15分で終了します。
●炭酸ガス 当院では炭酸ガスを用いて検査を行っています。炭酸ガスは空気の約100倍のスピードで吸収されるため検査後の腹部膨満感の軽減に役立ちます。
●日帰り大腸ポリープ切除 検査を受けてポリープを認めた場合はその場で切除を行っており検査と治療を同時に行うことができます(約30分)。大きい病変は入院施設での切除が必要です。
●検査機器 オリンパス社製の内視鏡を用いております。高解像度で正確な診断が可能です。早期大腸がんの診断を正確に行うことができます。ポリープの表面を拡大観察することで腫瘍/非腫瘍の鑑別や内視鏡治療が可能な病変か外科手術が必要な病変かの鑑別を行います。
人工知能:AI

NEC社製人工知能を日本初導入しました(大腸内視鏡に対応)。
検査中の大腸ポリープの見落とし防止をサポートするため開発された病変検出用内視鏡画像診断支援ソフトウェアです。

AI支援の2例
  • 日帰りポリープ切除
  • 日帰りポリープ切除

大腸内視鏡検査中の画像を人工知能(AI)が解析し、ポリープなどの病変候補を検出するとリアルタイムで病変候補位置を通知音とマーキングで診断をサポートします。

腺腫検出率

腺腫とは大腸がんになる前の状態の良性腫瘍のことです。腫瘍検出率とは1回の大腸内視鏡で腺腫を見つける率のことです。一般的には腺腫検出率は約25%です。つまり100人検査をすれば25人に腺腫を見つけるとういことです。当センターではAIの支援なしで40-45%です。検出率を1%上昇させると大腸がんのリスクを3%低下させることができると言われています。
AIを使用することで腺腫検出率が約10%向上することが報告されています。

人工知能を併用することで、病変の発見率が向上することが期待されています。

症例/日帰りポリープ切除
  • 日帰りポリープ切除
  • 日帰りポリープ切除

上行結腸に約20mmの腫瘍を認めた。インジゴカルミン散布し観察。

  • 日帰りポリープ切除
  • 日帰りポリープ切除

NBI(Narrow Band Imaging)拡大観察で内視鏡治療可能と判断。病変の下に薬液を注入し病変を挙上させた。(NBIは粘膜表層の毛細血管や表面微細構造が強調表示されるオリンパス独自の光デジタル法による画像強調観察機能です。)

  • 日帰りポリープ切除
  • 日帰りポリープ切除

スネアで病変を絞扼後、通電し病変を一括切除した。

  • 日帰りポリープ切除

創部をクリップで縫縮し終了。

早期大腸がんは内視鏡治療で根治が可能です。

早期発見には便潜血検査のみでは困難です。早期発見、早期治療のためには大腸内視鏡が必要と考えます。

胃内視鏡

▼胃内視鏡について
●鎮静剤 鎮静剤により浅く眠った状態で検査を受けることができます(効果には個人差があります)。
●スコープ 極細径内視鏡(直径5.4mm)を口から挿入することができます。鎮静剤を使用することでさらに挿入時ののどの不快感を軽減できます検査時間は5-6分です。
●鼻カメラ 鼻から挿入し舌の奥の接触を抑えることで咽頭反射(オエッ)が軽減されます。
●炭酸ガスを使用 当院では炭酸ガスを用いて検査を行っています。炭酸ガスは空気の約100倍のスピードで吸収されるため検査後の腹部膨満感の軽減に役立ちます。
バリウム検査で発見しにくい早期胃がんの3例(黄色の円はAI支援ではありません)
  • 胃内視鏡
  • 胃内視鏡

発赤を伴い周辺粘膜に比べやや陥凹している。

  • 胃内視鏡

周辺粘膜に比べやや隆起している。

バリウム検査で発見しにくい早期食道がんの1例(黄色の円はAI支援ではありません)
  • 胃内視鏡
  • 胃内視鏡

通常観察で発赤調のやや陥凹する病変を認める。NBI(Narrow Band Imaging)拡大観察で軽度血管拡張を認め早期食道がんと診断した。(NBIは粘膜表層の毛細血管や表面微細構造が強調表示されるオリンパス独自の光デジタル法による画像強調観察機能です。)

粘膜の色調の変化はバリウム検査では分かりません。

また周辺粘膜に比べやや陥凹、やや隆起している変化も発見は難しく、早期胃がん、早期食道がんの早期発見には胃内視鏡が必要であると考えます。

内視鏡検査の流れと費用の概算(3割負担の場合)

大腸内視鏡の流れ 胃内視鏡の流れ
事前診察 検査説明、採血、下剤のお渡し 検査説明、採血
検査前日 21時までに夕食を済ませて下さい。
水分は摂取可眠前に下剤の服用。
21時までに夕食を済ませて下さい。
水分は摂取可。
検査当日 朝食は絶食で来院
水分は摂取可
ジュース類は不可
朝より下剤服用(ご自宅かクリニックで内服)

検査後は回復室で30-60分休憩
休憩後に結果説明
夕より食事可(ポリープ切除の大きさにより翌日朝より食事可となることもあります)
朝食は絶食で来院
検査2時間前まで水分は摂取可
ジュース類は不可
検査後は回復室で30-60分休憩
休憩後に結果説明
昼より食事可
午後に検査 午前に検査
検査後日 病理結果説明※ 病理結果説明※
大腸内視鏡の費用(概算) 胃内視鏡の費用(概算)
観察のみ 約9,000円程度 約7,000円程度
生検あり 13,000~20,000円程度 9,000円~15,000円程度
ポリープ切除あり 20,000~35,000円程度

※ 組織を採取することなく検査が終了すれば、検査後日の診察は必要がないこともあります。
●生検とは病変の一部を採取し病理検査を行うことです。
●胃ポリープの日帰り切除は行っておりませんので入院が必要です。
●費用は概算です。検査内容で前後することがあります。

消化器内科一般

消化器内科

腹痛、胃痛、下痢、便秘、血便、黒色便、腹部膨満、胸焼け、食事をした時に詰まる感じがする、吐き気、嘔吐、体重減少、食欲不振など消化器症状は多岐に渡ります。 当院では採血、腹部エコー、内視鏡、腹部CT、腹部MRIなどの精査を速やかに行える体制ではありますが、症状がある全ての方に検査が必要であるとは限りません。患者様の症状や基礎疾患を考え順序立てた最低限の検査、治療をご提案致します。

当科へ受診されるきっかけとなる主な疾患
●胃潰瘍・十二指腸潰瘍 ●ピロリ感染性胃炎 ●機能性ディスペプシア ●胃バリウム異常 ●便潜血陽性 ●感染性腸炎 ●過敏性腸症候群(便秘型・下痢型) ●結腸憩室炎 ●結腸憩室出血 ●急性虫垂炎 ●虚血性腸炎 ●潰瘍性大腸炎 ●クローン病 ●逆流性食道炎 ●大腸ポリープ ●消化管出血、貧血 ●脂肪肝 ●肝機能障害 ●肝血管腫 ●胆のう結石 ●胆嚢腺筋腫症 ●膵のう胞 など

炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)

炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病

■生物学的製剤の投与を積極的に行っております。大病院では日常的に行われておりますが、クリニックでは対応できないことがあります。普段の診察はかかりつけの先生にお願いし、点滴のみ当院で行うこともできますのでお気軽にご相談下さい。
南海電鉄なんば駅直通という立地条件を生かしたサポートをいたします。

■診療ガイドラインに沿って治療を行いますが患者様の社会背景(入院がどうしてもできない、結婚や出産、受験を控えている)、合併症などを基に栄養療法や薬物治療に対する考え方などを尊重し治療を行います。

■ステロイド抵抗性、依存性のため寛解導入、維持が難しい方で生物学的製剤導入をしようかどうか悩んでおられる方は当院へお気軽にご相談下さい。
(当院で血球除去療法を行うことはできません。)

担当医表
Doctor in charge

科目 時間
内視鏡センター
(消化器内科)
受付時間/8:30~11:30
診療時間/9:00~12:00
× 梅原
(~10:30)
梅原
(~10:00)
梅原
(~10:00)
× 完全予約制
(~9:30)
受付時間/13:30~17:30
診療時間/14:00~18:00
× 梅原
(16:00~)
梅原
(16:00~)
梅原
(16:00~)
梅原
(16:00~)
×
科目 時間
胃内視鏡 9:00~12:00 相馬
上村
相馬
上村
梅原
相馬
梅原
相馬
中川
梅原
相馬
光岡
梅原
橋本
大腸内視鏡 14:00~16:00 × 梅原 梅原 梅原 梅原

※土曜日の大腸内視鏡は、ご相談いただければ可能な範囲で対応いたします。

担当医
Doctor

大阪なんばクリニック 消化器内科 梅原泰

梅原 泰
Yasushi Umehara

▼職歴
  • 1999年:近畿大学医学部消化器内科
  • 2000年:大阪赤十字病院内科
  • 2002年:昭和大学横浜市北部病院消化器センター
  • 2002年:近畿大学医学部消化器内科
  • 2010年:辻賢太郎クリニック
  • 2018年:大阪なんばクリニック消化器内科
  • 2020年:大阪なんばクリニック副院長
▼学位
  • 医学博士(近畿大学)
▼専門医
  • 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
  • 日本消化器学会専門医
  • 日本ヘリコバクター学会H.pylori(ピロリ菌)感染症認定医
  • 日本大腸肛門病学会
  • 日本炎症性腸疾患学会
  • 難病指定医

大阪なんばクリニック 相馬 逸郎

相馬 逸郎
Itsuro Souma

▼出身大学
  • 近畿大学医学部
▼専門医
  • 日本外科学会専門医
▼資格
  • 日本臨床内科医認定医
  • 日本禁煙学会禁煙専門指導医
  • 日本医師会認定産業医
  • 日本医師会認定スポーツ医
  • 認知症サポート医
  • 結核・抗酸菌症認定医
  • Infection Control doctor
  • 医療安全管理者養成研修会修了

大阪なんばクリニック 消化器内科 上村

健診担当
上村 理沙
Risa Uemura

▼資格
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医
  • 日本消化器病学会専門医

大阪なんばクリニック 消化器内科 中川

中川 健太郎
Kentaro Nakagawa

総合南東北病院

  • 一般社団法人脳神経疾患研究所付属
    総合南東北病院
    福島県郡山市

南東北がん陽子線治療センター

  • 一般社団法人脳神経疾患研究所付属
    南東北がん陽子線治療センター
    福島県郡山市

南東北BNCT研究センター

  • 一般社団法人脳神経疾患研究所付属
    南東北BNCT研究センター
    福島県郡山市

総合東京病院

  • 医療法人財団健貢会
    総合東京病院
    東京都中野区

新百合ヶ丘総合病院

  • 医療法人社団三成会
    新百合ヶ丘総合病院
    神奈川県川崎市

Medi-Compass Club

  • 会員制健康クラブ
    Medi-Compass Club
    東京都千代田区

東京クリニック

  • 医療法人財団健貢会
    東京クリニック
    東京都千代田区

東京リハビリテーションセンター世田谷

  • 社会福祉法人南東京福祉事業団
    一般社団法人脳神経疾患研究所
    東京リハビリテーションセンター世田谷
    東京都世田谷区