メニュー

TEL

外来のご案内 脳神経外科

  1. トップ
  2. 外来のご案内
  3. 脳神経外科

当院の脳神経外科について

当院の脳神経外科では、経験豊富な専門医が、頭頚部疾患に対して適切な診断と治療を行っています。頭痛・頚部痛・肩こり・めまいなどの頭頚部症状の中には、緊急性の高い脳動脈瘤破裂によるクモ膜下出血が原因となる場合や、副鼻腔炎などの耳鼻科疾患が隠れている場合があります。視野・視力障害、聴覚障害、言語障害、四肢のしびれ・脱力などの症状では、脳卒中(脳梗塞や脳出血)や認知症を見分けることや適切な薬物治療を選択が重要となります。頭部外傷後の記憶障害や注意障害などの症状は、見逃されやすい後遺症である高次脳機能障害かもしれません。頭頚部の症状でお困りの方は、是非ご相談ください。分かりやすい説明と迅速な対応をさせていただきます。

対象疾患・診療

頭痛・頚部痛・肩こり・めまいなどの専門外来

頭痛・頚部痛・肩こり・めまいなどは、脳や副鼻腔の病変あるいは頸椎の変形などが原因で起こります。また、最近では、長時間のパソコンの使用などで、これらの症状で悩む方が増えています。
当クリニックでは、頭部のMRIやCTなどの画像診断を用いて、精密に検査した上で、それぞれの原因を明らかにし、専門医による的確な診断と適切な治療を行っています。

症例:頭痛で来院した副鼻腔炎患者
(左:正常な上顎洞、右:上顎洞の粘膜が白く肥厚)
症例:転倒後の頚部痛、両上肢のしびれで来院した頚椎症患者
(左:CTで第5-6椎間板の狭小化、右:MRIで第5頸椎のレベルの脊髄損傷)

顔面けいれん、三叉神経痛の専門外来

顔面の筋肉がけいれんする病気(顔面けいれん)、顔面の激しい痛み(三叉神経痛)などのために、楽しい日常を送れずに悩む方がいらっしゃいます。
当クリニックでは、このような方々に対し、専門医による的確な診断と適切な治療を行っています。

三叉神経痛の痛みの範囲とトリガーポイント
三叉神経痛の痛みの範囲とトリガーポイント

脳卒中の予防外来

脳卒中(脳梗塞、脳出血、クモ膜下出血)は、日本人の3人に1人が発症する国民病です。脳卒中を発症しやすい危険因子には、高血圧、糖尿病、高脂血症(脂質異常症)、心房細動、喫煙、飲酒などのほかに、睡眠時無呼吸症候群(SAS)、メタボリックシンドローム、慢性腎臓病(CKD)などがあります。
当クリニックでは、脳卒中専門医がこれらの危険因子を適切にコントロールし、発症を予防する方法をご提案します。

MRIで小血管病(小型の脳梗塞、虚血性の白質病変、微小出血)を診断します

① 小型の脳梗塞と白質病変:
左前頭葉の小型の脳梗塞は、左:T2強調画像では、白い病変として見られるが、右:Flair画像では内部が黒く、周囲が白い病変として認められる。
② 白質病変と微小出血:
右大脳の白質病変は、左:Flair画像でも白い病変として認められる。
左大脳の微小出血は、右:T2*強調画像で、黒い病変として認められる。

MRAで、脳主幹動脈閉塞病変や小型の脳動脈瘤を診断します

症例:左内頚動脈高度狭窄症と診断される
症例:小型の脳動脈瘤(右脳底動脈-上小脳動脈分岐部動脈瘤)が認められる

頸動脈エコー検査で、大血管病変を診断します

症例:両側頚部内頚動脈狭窄症
MRAで、両側頚部内頚動脈狭窄症および頭蓋内動脈に狭窄症が認められたため、頸動脈エコーが行われた。
頸動脈エコーでは、動脈硬化所見(プラーク)が認められた。

認知症の予防外来

最近、認知症は生活習慣病の延長線上に発症する脳の病気と考えられています。国民の平均寿命の延伸により、認知症はだれもが発症する可能性のある病気となりました。認知症についても、早期発見・早期予防が重要です。
当クリニックでは、認知症予防専門医が危険因子を早期にコントロールし、発症を予防する方法をご提案します。

MRI検査による診断:
両側海馬の萎縮(側脳室下角の拡大)と両側側脳室周囲の白質病変の拡大がみられる。

もやもや病の専門外来

もやもや病は、脳の血管が狭小化する原因不明の難病です。発症時期は、小児から成人まで幅広い年齢層にわたり、小児は一過性脳虚血発作や脳梗塞、成人では半数が脳梗塞、半数が脳出血で発症します。
当クリニックでは、経験のある専門医が、再発の予防に加え、発症後の後遺症である高次脳機能障害(下記の専門外来参照)や無症候で見つかる症例に対しても適切なアドバイスを行っています。

MRAによる診断:
(左:正常者の両側内頚動脈、右:もやもや病患者の両側内頚動脈)

頭部外傷や脳卒中後の高次脳機能障害の専門外来

頭部外傷や脳卒中後、半年ぐらい経過した後に、記憶障害、注意障害※1、遂行機能障害※2、社会的行動障害※3などの後遺症が残る方がいらっしゃいます。そのような方々は、高次脳機能障害と診断されますが、頭部外傷ではMRIやCTで器質的脳病変の確認ができないことが少なくありません。
当クリニックでは、画像診断に加えて、専任の心理士による神経心理検査を行い、その確定診断に至る方法をご提案します。

  • ※1 長時間作業を続けられない、交通状況を判断せずに道路を横断しようとするなど、注意力、集中力が欠ける状態。
  • ※2 仕事が仕様通りに仕上がらない、約束の時間に間に合わないなど、目的達成のための計画・行動を取ることが困難な状態。
  • ※3 思い通りにならないといつも大声をだして怒る、自分中心でないと満足しないなど、行動や感情を適切にコントロールできない状態。

担当医表

 
受付時間
8:30~11:30
診療時間
9:00~12:00
中川原 中川原 中川原
(もやもや病)
中川原 × (完全予約制)
受付時間
13:30~17:30
診療時間
14:00~18:00
中川原 中川原 中川原
(もやもや病)
中川原 中川原 ×

 

ドクター紹介

中川原 譲二(ナカガワラ ジョウジ)

出身大学
札幌医科大学医学部 1978年卒
職歴
1981年
国立循環器病センター 脳血管外科レジデント
1985年
(財)大阪脳神経外科病院 医局長
1994年
中村記念病院 脳神経外科部長
2006年
中村記念病院 診療本部長・脳卒中センター長
2012年
国立循環器病研究センター脳卒中統合イメージングセンター センター部長
2016年
国立循環器病研究センター循環器病統合イメージングセンター センター長
2018年
一般財団法人 脳神経疾患研究所RIセンター センター長
2018年
大阪なんばクリニック 院長
学位
医学博士(岩手医科大学にて取得)
専門医
  • 日本脳神経外科学会 脳神経外科専門医
  • 日本脳卒中学会 脳卒中専門医
  • 日本脳卒中の外科学会 技術指導医
  • 日本核医学会 PET核医学認定医
  • 日本認知症予防学会 認知症予防専門医
資格
  • 日本医師会認定産業医
  • 難病指定医、小児慢性特定疾患指定医(もやもや病)
  • 身体障がい指定医(肢体不自由、音声・言語機能障がい)
  • 認知症サポート医
講演・学会活動等(2019年)
01月19日
東京(日本病院会 病院経営管理士通信教育後期スクーリング)
講義 診療情報管理
01月27日
東京(日本臨床高気圧酸素・潜水医学会HBO技師認定講習会)
講義 外傷・中毒
02月06日
Honolulu (International Stroke Conference 2019)
Poster: Outcome with Rivaroxaban in patients with nonvalvular AF and worsening renal function
03月09日
淡路(第42回日本脳神経外傷学会)
ランチョンセミナー講演 脳外傷後高次脳機能障害の特徴と診断
03月21日
横浜(第44回日本脳卒中学会総会)
座長 教育講演 PET脳循環測定に基づく治療
03月21日
横浜(第44回日本脳卒中学会総会)
講演 進行性腎機能低下を伴う非弁膜症性心房細動患者に対するリバーロキサバンの使用
04月13日
札幌(日本病院会 診療情報管理士通信教育スクーリング)
講義 専門 第11章 国際統計分類Ⅰ
04月14日
札幌(日本病院会 診療情報管理士通信教育スクーリング)
講義 基礎 第7章 神経・感覚器
04月21日
福岡(日本病院会 診療情報管理士通信教育スクーリング)
講義 専門 第11章 国際統計分類Ⅰ
04月26日
大阪(日本病院会 診療情報管理士通信教育スクーリング)
講義 専門 第11章 国際統計分類Ⅰ
04月28日
札幌(14th Korean Japan joint Conference on Surgery for Cerebral Stroke)
Symposium Ⅷ:Significance of rapid O-15 gas PET without arterial blood sample for estimating cerebral hemodynamics in child moyamoya disease
05月12日
名古屋(日本病院会 診療情報管理士通信教育スクーリング)
講義 専門 第11章 国際統計分類Ⅰ
06月20日
松江(第28回日本脳ドック学会)
座長 一般演題2「大脳白質病変」
06月29日
東京(第6回日本脳卒中心血管学会)
座長 シンポジウム18「脳と心臓の核医学検査」
07月11日
守口(令和元年守口保健所難病講演会)
講演 もやもや病の予後と日常生活における留意点について
07月18日
広島(第20回広島脳循環代謝研究会)
特別講演 脳循環代謝から見た脳卒中および認知症のリスク管理
07月22日
大阪(朝日放送 おはよう朝日です!)
テレビ出演 夏の脳梗塞予防と若年性脳梗塞(もやもや病)について
09月19日
大阪(第45回日本診療情報管理学会)
教育委員会:第6回診療情報管理士現況アンケート報告
09月10日
大阪(第45回日本診療情報管理学会)
座長 一般演題「あしたを担う診療情報管理士の活躍」
10月25日
大阪(日本病院会 診療情報管理士通信教育スクーリング)
講義 基礎 第3章 臨床医学総論
11月 3日
松山(第59回日本核医学会学術総会)
座長 一般演題「脳血流・代謝」
11月10日
那覇(もやの会 沖縄支部総会)
講演 もやもや病の予後と日常生活における留意点について

近藤 明悳(コンドウ アキノリ)

出身大学
京都大学医学部 1959年卒
職歴
1959年
京都大学病院 助手
1966年
Wane State University (Michigan), Dept. of Neurology
1975年
福井赤十字病院 脳神経外科部長
1983年
静岡県立総合病院 脳神経外科部長
1984年
北野病院 脳神経外科部長
1990年
北野病院 脳神経外科部長 副院長
1998年
武田病院(京都)院長
2000年
城山病院 脳・脊髄・神経センター 脳神経減圧術研究所所長
学位
医学博士(京都大学)
専門医
  • 日本脳神経外科学会 (脳神経外科専門医)
  • 日本脳卒中学会
  • 日本脳卒中の外科学会
  • 日本脊髄外科学会
  • 日本神経減圧術学会

ページの先頭に戻る